dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年2月19日月曜日 雨水曇り PM6時42分投稿 

申告書を確定

読むだけでなく、その意義や地方税への本年波及も考えなくてはならない

 今までの確定申告は、税務署に行って聞きはしなかったが、毎年「所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き」ー確定申告書A用ーを良く読んで、申告書の第一表、第二表を作り、添付書類を貼っていた。毎年ほぼ同じことを繰り返してはいるが、年一回きりの細かい作業であり、ガイドの熟読に加え、数字の記入とその検算、内容再チェックに2日ほどかけていた。去年は少し国税庁の確定申告作成コーナーにはチラとは眼にしたが、「もう書けたからいいや」と無視してしまった。現在、いろいろとやらなくてはならないことが多いので、試しに「やってみようか」と同コーナーを観て見よう見まねでチャレンジしてみた。
 やってみると意外に簡単で僅か2時間ほどで、還付金の額・印刷・PDF保存まで無事(多分)終了。事前にツレアイが医療費領収書・源泉徴収票・保険料払込証明書などの証票を纏めてくれていたこともあり、帳票添付まで含めても半日もあれば完成する。明日か明後日にでもイオンの税申告コーナーに持参して控えに受領印を押して貰おう。ただ、確定申告の帳票作成は機械的にできたのだが、昨年の所得還付は多少受けても、その分以上に地方税が今年上がる可能性があるよ と複数の友人から脅かされたのだが、税金の徴収理論がハッキリわからないdachs飼主にはトンとわからぬ。
10万円の還付を受けても、還付によって月1万円以上の地方税があがると差し引き2万円の損になるかもしれない と脅かされている。その理論が分からないのはとっても情けない。
 今日はテニス当番の月曜日。行ったら、「お土産は?」が彼らの第一声。いつもは月水金のいずれか、特に月曜に持参するのだが、木曜日は過去1回も持って行ってないので、「欲しければ木曜日においで」と軽くカワしておいた。だいたい12個入の個包装の饅頭や餅などを800円以内で買ってくるようにしている。あまり豪華だと次を期待されたり、ほかの人が気にされるのでだいたいそのようなレベルにしている。

2018年2月18日日曜日 晴時々曇 PM6時08分投稿 

奄美アルバム編集終了

海と空の蒼さには格別、魅かれる

 先週仲間6人で奄美に行ったが、仲間うちで撮った写真や思い出を昨日と今日、頑張って整理した。その結果を他4名に送った。横浜のMさんは、IT音痴なので数日のうちにL版印画紙にプリントして、思い出記録とともに、定形外封筒で郵送することにする。今週来週とバタバタしているので、来月後半以降になる見通しだ。
 腰痛が治らない。今日も朝8時からテニスレッスンに出かけたが、走っても、腰を前後に曲げても、一向に不自由を感じない。痛みの箇所は起床時や椅子から立ち上がって歩く際に、右後方尻の部分の一点が傷む。中心の背骨腰椎からだいぶ離れているので、骨の異常とは考えられないが、気に懸かる。いつごろから気に懸けだしたのか、とブログ内を探してみると多分去年11月頃に庭の雑草抜きで長い時間腰を曲げて作業したせいかもしれない。もう3か月くらい経ったのかもしれない。医者には行きたくないが、もう一段進めばちょっと診断にでも行ってみるか。

2018年2月17日土曜日 曇のち晴 PM8時32分投稿 

写真整理始める

 ツレアイは初台の「東京オペラシティコンサートホール」での東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第313回定期演奏会を聴きに行った。演目は「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58」「ラヴェル:スペイン狂詩曲」「ラヴェル:高雅にして感傷的なワルツ」「ラヴェル:ラ・ヴァルス」と著名な曲目でなかったのと、旅アルバムの整理のため、ツレアイにチケットを譲った。

美しい浜辺であった

 一日かけて、500枚以上撮影した写真をアルバムにして、旅の記録をブログから抽出して、文章の追加校正をし、日々のタイムテーブルを整理したものを奄美大島2018として、ホームページにアップした。左は奄美空港近くで晴天になった唯一の最終日に土盛海岸をパノラマ写真で撮ったものである。 
 明日は同行旅仲間に観て貰う記念写真などを送信する準備をしなければならない。確定申告も書いてないし、25日~の長崎ハウステンボス3泊4日旅の準備もあり、暫く忙しい日が続く。

2018年2月16日金曜日  PM8時10分投稿 

旅の疲れ

旅の疲れで、本日のブログは翌17日に書いている。
 午前中は旅行バッグの中身点検と整理した。ツレアイに借金したお金の返済、クレジットカードの現金返却などのために郵便局に貯金を下ろしに行ってきた。
 午後はいつもの様に、テニスとジムに行く。週の前半を休んだので、テニス仲間がいろいろと旅の話を茶化しながらも聞いてくれた。休み中、Dachs飼主に対しこんな話をしたよ、くしゃみしなかった? などとテニス終了後も暫く皆と立ち話をした。テニスとジムで体を動かし、心身のリフレッシュができた。疲れたと言って動かないとだらだらと疲れが長引いたり、ストレスが取れないように思う。
 今朝、体重計に乗ると、旅の間に2Kg強、増えていた。運動もせず、飲んだり食ったりしていたせいだろう。明日から糖質ダイエットでパン米麺をセーブすれば、1週間で元に戻ると信じている。

2018年2月15日木曜日 晴時々曇 PM5時20分投稿 

旅最終日

  旅の最終日にあたる本日は快晴。7時に鶏飯や地元郷土料理中心のバイキングをいただいて、いつもより少し早く8時15分にホテルを出て、笠利町に向かう。昨日は島南部、本日は島北部を半日観て廻り、午後3時過ぎの便で羽田空港経由で帰ることになる。
   先ず最初に向かったのは、笠利崎灯台。シマ最北端の地であり、夢見る亀さんが居られたので、頭などを撫でて幸せをメンバー夫々が祈った。その後あやまる岬で超180度の素晴らしい眺望を楽しみ、次の土盛海岸では白い砂浜とコバルトブルーの海面に大感動した。メンバーの知り合いに前田絹織物のご主人と通じる方がおり、そこのお店でフランスの若い女性からビールを注いで貰ったり、奥様からさつま揚げやイカ刺し大蒜の芽炒めのごちそうをしていただいた。ありがたかったので、このお店で土産物まで買った。
    奄美空港で軽食の昼食をしながら、鹿児島から合流頂いたG氏とお別れをして、東京組は羽田で解散となった。G氏は我々と同じ日にフェリーで来られ翌朝到着、本日も今夜のフェリーで明日朝鹿児島港に到着 と、大変無理をお願いしてまでの観光旅行同行に合意いただいた。友情感謝の旅でもあった。
    dachs飼主も馴れないツアーコンダクター兼団長兼レンタカー予約精算短答と大役を沢山仰せつかったが、自己判断では合格点の80点は取れたのではないかと思っている。柵(シガラミ)の無いメンバーなので言いたいことがあれば遠慮無く言ってくれると思う。今回 zガッカリしたことは 1初日2日目は晴れなかったこと 2 二日目は西郷隆盛宅の臨時休館で入れなかったこと。
   皆が喜んでくれたり場所は 1 黒糖焼酎製造工場の見学  2 カヌー体験  3 海岸線や海の美しさ  がベストスリーだろう。もちろん、滅多に出逢えないメンバーで焼酎と郷土の味に舌鼓を打ちながら語り合えたのも忘れてはならない。

2018年2月14日水曜日 晴のち曇 PM11時19分投稿 

カヌーは最高

 昨夜は5時半頃から徒歩でホテルか予約しているなぜ繁華街、屋仁川(やんご)どうり「居酒屋「むちゃかな」まで歩いていった。ここは去年出かけたときに美味かったの夜光貝の刺身は「硬い」と不評だった。それ以外に、波照島のきくらげ、とぴんにゃなどなど郷土料理を3時間飲み放題で皆が楽しんだ。午後10時前にタクシーでホテルに戻って、その後、皆さん飲み足らないとのことで、徒歩10分のスーパー「グリーンストア」で日本酒やつまみ数種類を買ってもう一度宴会が始まった。
 11時半ころに終わってお風呂もなくなったので、そのまま寝た。同室のひとりがーがーと寝ているとき響きがうるさかったので、少し寝苦しかったが、なんと朝まで断続的に眠る子gとができた。
 今日は朝から気持ち良い快晴。午後からは曇るとと予報は出ていたが、3日目で初めて良い天気なった。最初の訪問地「マングローブの原生林」のオープンが9時半なので以前までの7時朝食・8時半出発を30分遅らせて、朝食7時半、出発9時でプランした。昨日と同じく朝食は「名物鶏飯」以外に「島らっきょう」「かつおみそ」「たんかん」「ゴーヤジュース」を美味しく戴けた。午前9時に住用町の「マングローブの森」に向かう。ホテルで割引券を貰ったのでマングローブ茶屋で1時間以上のカヌー体験をしてきた。10時過ぎから始まった初体験はdachs飼主だけでなく参加者全員が大感動であった。風もなくコーチも気持ちよい若者だったこともあり、素敵なカヌー体験だった。
 11時に終わって12時過ぎにヤドリ浜、12時半頃にホノホシ海岸やハートの見える風景などを鑑賞し、サンゴを取ったりしながら奄美大島南端瀬戸内町の自然風景を楽しんだ。
 1時過ぎに古仁屋の海の駅で昼食。本マグロ洋食日本一だけあって、本マグロ定食は美味かった。全員が感動。某氏が海鮮丼をオーダーしたら本マグロ丼が来て、後刻オーダーミスで本マグロと海鮮丼が来て、既に食べていた本マグロから余ったダブった海鮮丼を皆で分散していただいた、Dachs飼主に奨められた海ぶどうと寿司めしが旨かった。お店の女性に時節柄バレンタインデーのチョコを貰い、さらに図々しい人は大島紬の体験を下手くそながら体験されていた。
 午後2時に古仁屋を出発し、40分かけて高知山展望台に到着。駐車場から300m弱歩き、展望台に上ると素晴らしい大島海峡、加計呂麻諸島を一望できた。ここでも全員が感動していたようなのでコンダクターのdachs飼主とzしてはとっても嬉しかった。
 展望台のあとは古仁屋に戻って宇剣村・大和村の海岸沿いを奔って貰った。途中、久慈港から大和村に向かい途中、群倉(ぼれぐら?)で歴史好きなメンバーに喜ばれた。
 本日のメイントピックは「大浜海浜公園」での東シナ海からの日没。1時間前の5時15分頃からに到着できた。素晴らしい砂浜であったが、月初めに発生した東シナ海沖のタンカー座礁事故でオイル漏れが発生し、そのために砂浜に入るのは禁止となっていた。砂浜はサンゴが長期間に渡って砂になっているので、掌に乗せるとさらさらと美しくこぼれる。残念ながら日没の写真は撮れなかったが皆で今回最後の日没を愉しめた。
 
 

2018年2月13日火曜日 晴時々曇 PM5時33分投稿 

町田酒造の説明Good

 7時に朝食を1階ビュッフェで郷土食豊かな食事をたくさん食べられた。定刻8時半にホテルを出発し、まずは旅の無事成功、祈願のため高千穂神社に詣でた。ヒカンサクラ、ソメイヨシノともに咲いてはいたが、奄美の桜はもう散り始めていた。それでも神社で桜を15分ばかり楽しんで、「蘇鉄バショウの自生地に向かったが去年行ったときにあったはずの見学場所が見つからず、同じ道を2度往復してやっと観ることができた。
 途中、西郷南洲謫居跡に10:00オープンと同時に行ってみたが残念ながら昨日から15日までの我が旅行期間中がちょうど臨時休館になっていて、観覧し、説明を聴くことができなかった。朝から蘇鉄バショウ・西郷どんともにスカをくらったので、已む無く手広海岸ハートロックの浜に急いで向かった。干潮でないと見ることができないのだが、我らがドライバーが優秀で、11時20分には到着できた。波が荒かったのだが、心臓形のハートロックは見えた。
 昼食に島とうふ屋に入ろうとしたが大勢のお客様が待ち行列に入っていて30分以上待たないとオーダーできないとのお話。午後のメニューをこなそうと本茶峠の桜に向かい、奄美自然観察の森駐車場に向かった。30分ほどかけて行ったにもかかわらず、ヒカンサクラは殆ど散り始めたり、葉桜になろうとしていた奄美の季節ははやい。5分も時間を取らずに、速行で戻って、お土産屋のビッグⅡ、フルフラガーデンで土産物を買ったり、日本最大の蝶「オオゴマダラ」を見に行ったりして時間を過ごした。お店から直ぐ近くの町田酒造に立ち寄り「工場見学できるか」ときいてみると、どうぞと言われたので20分ばかり新鮮な説明をかわいいお姉さんから聞いた。焼酎はまず米麹でお酒を造ったあとの工程であり、お酒造りより手間がかかるそうだ。あまりに説明女性の愛想が良かったので、工場でしか売っていないオリジナル焼酎や43度の焼酎などを各自お土産に買ってきた。(一行の支払合計は1万円以上)
 帰りに仲間の一人(の妻)がネット通販で毎年買っている平井果樹園に寄ってタンカンを貰ってきた。今年は不作で、常連のお客様にもおわたしできない状況だったらしい。
 4時半頃にホテルに戻り、ハーバー寄りの緑地公園周りを散歩してきた。
 午後6時半から名瀬繁華街の居酒屋「むちゃかな」で3時間飲み放題郷土料理の入ったコースを頼んでいる。今から行こう
 
 
 

2018年2月12日月曜日 曇のち晴 PM10時06分投稿 

奄美に到着

   ツレアイが昨年暮れにノートPCに躓いて車の運転が危ういので、スーツケースをゴロゴロと引っ張って、最寄り駅に歩いて行った。今日は雲ひとつない空で日本晴れ。奄美は予報では旅の間は雨こそ降りはしないが曇りの日々が続くようだ。残念だが天気には逆らえぬ。08:28発の各停に乗って1時間半、44駅かかって漸く羽田空港国内線ターミナルに09:58に到着した。
   10時に2階南ウィングで東京組4人と定刻10:30に待ち合わせ、空弁「博多やまや辛子明太子弁当」を買って定刻正午のボーイング737ー800 JAL659便に乗り込んだ。席は満席の大盛況。LCCのようにアルコール類の販売は無かったが機内では無料WiFiが使えた。フライトアテンダントは美人で笑顔たっぷりで暖かく感じた。奄美大島空港には14:45に到着できた。
その後、奄美レンタカーで4日間契約を手続きして最初の目的地奄美パークに向かった。奄美パークではそれぞれ興味ある「甘味の郷」「田中一村美術館」「奄美展望所」に向かった。
今夜は鹿児島のGさんが不在なので、名瀬市の大島イオンプラザでお酒やつまみを調達し、ホテル和室で5人で大宴会を会費1700円で名産黒糖焼酎、ビール、惣菜で大盛り上がりした。

2018年2月11日日曜日 曇り PM2時16分投稿 

ノートが欲しい

 明日からの荷物を纏めている。ツレアイが同行しないので、殆ど自身で用意している。
 浴衣はホテルに準備のものがあるそうだが、部屋で飲んだり喋ったりして寛ぐときには、やはりパンツが見えないパジャマが良いし、楽なので、一着持参していく。3日目マングローブ原生林でカヌーを漕ぐのだが、風が冷たいかもしれないので、手袋や帽子も必要と思う。

異常以上に腹が立つほど時間と手間がかかる

 カメラやスマホも大丈夫だが、困ったのはノートパソコン。常用しているのは2013年暮れに買ったAspire V3-772G-N76G/LK。このノートはCorei7で17.3吋で早く大きいのでデスクトップのように使いやすいのだが、機内に持ち込める手荷物サイズでは若干ひっかかってしまう。翌年暮れに買ってきたミニノートLenovo Flex 10はタブレットモードでも動くのだが、10.1吋でちいさいのだが、CPUがCerelonN2810と超遅い。1年近く使わなかったので、WindowsUpdateが溜まっており、更新しているのだが昨日からまる1日以上たっても終わらない弱小能なので、旅行に持って行っても使い物になるかどうか甚だ疑問である。今からジムに行くのだが、帰ってきても多分終わってないかもしれない。やっぱり  午後8時をまわっても終わってくれないので、旅支度が完了しない。
(Office2013がついて3万円だったのだが 失敗だった 機会があればもう一台買おう)

2018年2月10日土曜日 曇のち雨 PM7時01分投稿 

いよいよ明後日から奄美

 明後日からの奄美6人ドライブツアー3泊4日の基本計画がようやくまとまり、奄美2018予定が完成した。今回は大勢のメンバーと一緒に旅するので、見どころやドライブルートに気を使った。ドライブルートもGoogleMapを活用し、22ルートについて距離・かかる時間などを計算して、各日の詳細計画を創りあげることができた。前回1月に行ったときとほぼ同様な計画だが、新たに高知山展望台・本茶峠のヒカンサクラ・平井果樹園のタンカン・マングローブ原生林でのカヌーなどを組み入れた。特に問題は無いとは思うが、ルートのチェックなどを昨年もお世話になった奄美大島龍郷町出身の友達Tさんにも念のためにお願いしている。
 2日後に旅を控えて、体調について少し気になることがある。腰痛である。朝起きたときに右側の腰の後方側に違和感があるのだ。先月来続いており、その後座椅子を止めてオフイス椅子に代える、ジョギングの中断などいろいろとチャレンジしているが、はかばかしい結果は出ていない。朝の違和感ぐらいで、しばらくすると、テニスにも特に違和感なく行っているのでそれほど重要問題にしなくても良いとは思うのだが、少し気にしている。

544 pages